読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からたちねみち

歌を作っています。Vocaloid、主に結月ゆかり、またはiPhoneアプリ開発

iPhone SEのポイントは3D Touch非対応と低価格化

日常

f:id:bettychang:20160322141450p:plain

 

仕様の変更は3D Touch非対応のみ

iPhone SE発表されましたね。

iPhoneアプリ開発者なので、6s/6s Plusと比較して仕様上なにが変わったのかチェックしてみたのですが、機能的な違いは3D Touchが非対応くらいでした。

 

f:id:bettychang:20160322130703p:plain

3D Touchはアプリ作る上で可能性のある機能だとおもったのですが、、あんまり評判よくなかったのか、低価格化の犠牲になったのか、いずれにしても残念ですね。

まあ、6sの実機を持っていなかったので手を出せずにいたのですが、むしろ出さなくて幸いだったかな。

 

f:id:bettychang:20160322141635p:plain

 

低価格化でシェア拡大を期待

SEの最大の売りは、やはり低価格化でしょう。

 

16GBモデル

6s : ¥86,800  →  SE : ¥52,800

 

64GBモデル 

6s : ¥98,800   SE : ¥64,800

 

かなり思い切った値下げです。これはシェア拡大しそうな予感です。まあそれでもアンドロイド端末と比べたらまだ高いか??

私はiPhoneアプリ開発をメインでやっているので、普及率が上がってくれるとうれしいというわけです。

 

ハード的な仕様

  • ディスプレイ:iPhone 5sと同じ4インチ
  • チップなどのマシンスペック:6sと同じ
  • カメラ:6sと同じ

 

6シリーズは片手で操作しずらい感があったのですが、この仕様変更は、やはりでかすぎたってことでしょうか。

欧米の方にはあのくらいがちょうどよいのかな?と思ったのですが、やっぱり世界中で「ちょっとでかいな」となっていたのかも。

マシンスペックは、上がって当たり前の感がありますが、よいことですね。

iPhone SEは6s相当の5sという感じなので、長く5sユーザの私としては嬉しい仕様変更です。というわけで、当分5sでいきます(笑)

それでは。

 

公式はこちら

www.apple.com

 

以上です。