読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベティーのブログ / 作曲、ボカロ、主に結月ゆかり

ベティーです。歌を作っています。Vocaloid、主に結月ゆかり。

キングスマン (Kingsman: The Secret Service) - おすすめ映画レビュー

映画

f:id:bettychang:20160331131510p:plain

おすすめ度(5点満点)

3点

f:id:bettychang:20160331041613j:plainf:id:bettychang:20160331041613j:plainf:id:bettychang:20160331041613j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plain

概要

ロンドンの高級紳士服の仕立屋は秘密組織「キングスマン」の拠点だった! ベテラン、若手スパイたちの活躍を描く。

制作年

2014年

 

製作国

イギリス

 

監督

マシュー・ヴォーン

 

主演

コリン・ファース

タロン・エガートン

 

感想

やはりスーツにはベルトでなくサスペンダー、英国紳士かっこいい!でもあれ肩凝りそうだし、あのガチガチに決めたスタイル似合うってなかなか難しい。サイズがジャストなので自分的に着心地は悪そうですが、そこはポリシーでしょうね。ゆったりは邪道。弟子っぽい若者が後半同じスタイルになったけど、やはり研修終えた新入社員風で今ひとつ。コリンファースが醸し出す仕事への実直な姿勢とこだわり感、それを象徴しているのがあの一部の隙もないスーツスタイル。素敵すぎた。それでいてアクションは豪快。というか映像が豪快なのかな。カメラワークっていうんですかね。麻薬的ですね。監督がキックアスの人なのか、なるほど。どうりで?かストーリーはかなり適当というかタイムボカンシリーズなみの単純構造。いろいろ問題がおおすぎるが、宇宙って気球で上に飛んでったらいけんのか〜、意外。いやそんなばかな。。


主役に負けず劣らず悪役の魅力も素晴らしい!主役同様こっちもベタな個性派悪役。そういう意味で、ベタ要素を最大に研ぎ澄ました娯楽映画かな。サミュエルLジャクソンのカジュアルなファッションが対照的で視覚的にも楽しい。


残念だったのが後半の失速感。まとめ感はいいし宇宙いっちゃうとこなんかぶっとんでて好きなんですが、青年にあまり魅力を感じなかったのでね。。中盤のあのすごいシーン以降急速に冷めちゃった。だって彼まだスパイなりたてレベルじゃない?話の流れは世代交代的ストーリー展開の感だけど、いかんせん成長過程の描写とか時間の経過もないまま突然の無双ぶりがちょっとうけつけなかったかな。。なのでとても惜しかったです。中盤まではほんと最高!