読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からたちねみち

歌を作っています。Vocaloid、主に結月ゆかり、またはiPhoneアプリ開発

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN - おすすめ映画レビュー

映画

f:id:bettychang:20160402144107j:plain

おすすめ度(5点満点)

1点

f:id:bettychang:20160331041613j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plainf:id:bettychang:20160331042032j:plain

 

概要

アジアのどこかの城塞都市に巨人の群れが襲いかかるパニックホラー。

 

制作年

2014年

 

製作国

日本

 

監督

樋口真嗣

 

主演

三浦春馬

 

感想

いろんな意味で予想以上に酷かった!

原作既読ですが、まあ普通に好きくらい。

完コピ目指すか、設定だけ借りたオリジナルか。後者を期待していったのですが、結局どっちつかずのグダグダ感で残念。ホラー要素はよかったけど、それ以外がひどすぎたかな。

オリジナルストーリーか?と思いきや原作と同じシーンを抜粋したり、あれ??潔くないなあ...
というかこれ原作未読で映画単体で観た時にストーリー成立してるのかな?破たんしてないか?

退屈シーン満載。ああ退屈退屈...なんでこんなにつまらない?原作知っているせいか、雑な再現に不快感が凄いから冷めるのかな。それ以前に登場人物のキャラ?つまらないというか空っぽというか、こいつら巨人のえさにしかみえない。ハンジとサシャはかわいかったけど、ほかは魂抜けてた。
とにかくホラー部分以外やる気がまったく感じられない。

後半〜ラストの話の流れは無茶苦茶じゃない?後編の出だし調整で最後に詰め込んだのかな。それにしてもなあ、、お前らもちろん原作は読んでるんだろうな、いちいち前振りや説明はしないし、やる気もないしサクッと流すぞって感じか。ここまで無理矢理終わらせたから後編こいよって?ないな。

パニックホラー部分!
中型巨人が実写化されたときのきもさは想像を超えていて、手汗かいた!!残虐描写はやばいとこ遠目になる安心設計ですが、それでも耐性ない人にはそれなりか。絶望感すごくでてた。けど、後半になるとああもう慣れちゃった。。
しかし赤ん坊の鳴き声とか、わかりやすすぎる展開冷める。でもホラー的要素は楽しめた!

設定がアジア?中国風なのはまあ日本人が演じるから違和感ないんだが、でもやっぱりドイツがよかったな。アジアだとなあ、、異国情緒が。。戦後日本か中国の田舎の街風はなんの魅力も感じないな。音楽もいちいち大げさで、くさく感じた。
どうしても全体の世界観が、偽進撃の巨人中国リメイク感が拭えないなあ。。日本のマンガなのになんでこうなった。。

とどめがナルシスト日本人名のオリジナルキャラクター。きもい。

原作を愛しているファンはもちろんだめだろうし、未読の「進撃の巨人ってみたことないけど映画化されたからいってみようかな」という人向けにも、ストーリー雑すぎ、キャラクターの魅力なし、グロ描写などからおすすめできないか...原作をどうぞ。グロいパニックホラーを探している方にはいいかも?

劇場版パトレイバー(アニメ版)のようなオリジナルな進撃の巨人映画を期待していたのですが、、残念!