読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からたちねみち

歌を作っています。Vocaloid、主に結月ゆかり、またはiPhoneアプリ開発

ニコニコ動画にボカロオリジナル曲をアップしました 【結月ゆかり】思い出恋し 通い道 【オリジナル】

音楽活動

f:id:bettychang:20160619035247p:plain

 

どうも、こんばんは。初のオリジナル曲をアップしました、ベティーPです。

というわけで、聴いてください。よろしくお願いします。

 

★視聴はこちら↓

 

なお、 今回は動画の背景のりよう範囲がニコニコ動画内限定のため、YouTubeはアップ不可となっております。

 

制作日数

 

およそ9日くらいです。内訳は工程順にこんな感じでした。

  1. 作曲3日
  2. 作詞2日
  3. アレンジ(打ち込み)3日
  4. 映像制作 半日
  5. その他(楽譜作成や動画のアップ用作業など) 半日

 

ちなみに、過去作曲には何度も挑戦していますが、きちんと完成させた曲はこれまで1曲しかありません。もっともそれも数年前なのですが...

 

それで、カバー制作と比べると倍くらい日数がかかるようです。

あとはオリジナル曲はカバー制作と比べ精神的疲労度がすごいですね。

やってみて気付いたことですが、私の中の音楽制作とは、一つのメロディーラインを元にどんどんといろいろな要素を肉付けをしていく作業なので、作曲フェーズがだめだとどんな歌詞をつけても無駄で、作詞作曲がだめだとアレンジフェーズでどんなかっこいい演奏をしても無駄なので、それだけ作曲段階の素の状態で、無数の音配列の選択肢の中から一つのラインを選び作り出し、それをもとに詩を考え、アレンジし、というのがなかなかのストレスになります。つまり先のフェーズにいく前に、きちんとあとから後悔しないような成果を各フェーズごとに出していかないといつまでたっても前に進めないして戻りの連続になってしまうということでしょうか。

暗中模索というか、はたして私は正しい方向に進んでいるのだろうかという、いかだで太平洋をさまよっているような遭難者の気分といいますか、悩んでいるときはそんな自問じとうとの戦いという感じがつきまといました。悩んだのは作曲フェーズのみですみましたが。

とはいえ、自分で作品をつくりだすという喜びはカバーでは得られないし、なにものにも代えがたい感があります。

今後は月1で1曲オリジナル、他カバーくらいのペースで作っていこうかなと思います。

ところで、ボーカロイドがあると、エディターに打ち込めば、何時でもいくらでも試しに歌ってくれるので、イメージが湧きやすく、非常に協力な助っ人になりました。ボカロPなくとも持っていて損はないツールだと思います。

 

作詞について

作詞というのはこれまで挑戦はしたもののほとんどまともに出来た試しがなく、ほぼ素人状態なのですが、今回は自分の好きな邦楽曲を分析して、下記ポイントと思われる点を考慮して作ってみました

 

  • 歌いたい状況を設定する
  • 歌いたい状況に出てくる登場人物の関係性について設定する
  • これらを元に、言葉を考える(言葉からいきなり考えない)
  • Aメロで状況説明、Bメロ(サビ)で感情的になる

 

今後作りながらいろいろ手法を探っていこうと思います。

 

映像について

今回は、背景の森と、キャラクターとフレーム的な素材を使用したのですが、いつもと違う点として、素材をiMovie上でいきなり合わせるのではなく、一旦PixelMatorであわせて1枚の絵にするという試みを行いました。

これは、絵の質感を合わせるためです。

当たり前なことに気付きませんでしたが、絵というのは製作者によって質感が全然ちがうので、複数の素材を合わせると、それぞれのもつ個性がぶつかって、コラ画像のように不自然な雰囲気がデてしまいます。

それで、素材に統一感をだすために、一度PixelMatorで、質感を加工して合わせてみました。具体的には同型のエフェクトをかけるという感じです。

今回は動画はつかってないので動きはないですが、そんなわけで見た目一番しぜんな感じに仕上がった気がしてます。

 

あとは、字幕をかなり小さくしました。視認性は下がりますが、見た目はあがったかもしれません。

映像的にはわりと動かすことには飽きてきたというか、見た目のセンスを向上させたいなと思ってきています。

今回はだいたいそんなところです。

ではでは。