読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベティーのブログ / 作曲、ボカロ、主に結月ゆかり

ベティーです。歌を作っています。Vocaloid、主に結月ゆかり。

Macでボーカロイド環境をセットアップしてみた - ボカロPへの道Part2

音楽活動

どうも、こんにちは。

ボーカロイドで音楽を作ろうと試みています。

 

前回は、Macの環境でボカロを始めるためにはなにが必要かを確認しました。

こちら↓

swift-bettychang.hatenadiary.jp


 

というわけで、必要なものがわかったらさっそくamazonで購入しました!

 

まずはこちら、ボーカロイド音源の結月ゆかり(純)です。

f:id:bettychang:20160510115252j:plain

 かわいい。

 

なんだかボーカルに可愛い子がいると考えただけでとてもモチベーションが上がりますね。ボカロ素晴らしい。

 

 裏面です。

f:id:bettychang:20160510115406j:plain

ボーカロイド4結月ゆかりシリーズには3パターンあり、この「純」モデルは、音域D2〜F4で、テンポ60〜120の曲作成に向いているようです。

 

中身はこんなです。

f:id:bettychang:20160510120155j:plain

 

 

続いてボーカロイド4エディターです。

f:id:bettychang:20160510115628j:plain

ボカロ専用のエディターです。

こちらのソフトにはDAWソフトのCubaseAIのライセンスが付属しており、ネットからDLして利用できます。

いろいろと必要で難しいです。

フタをあけてみます。

f:id:bettychang:20160510120515j:plain

ると、右下にエディターのシリアルが貼ってあります

左側の紙にダウンロードアクセスコードというものが書いてあります。これはCubaseAIの話で、どうやらこのアクセスコードでCubaseのサイトにアクセスし、アプリをオンラインで落としてくれということのようです。

 

一応復習しますと、必要な物は、

  • 音楽制作環境としてのCubase AI
  • その中でボーカルトラック用音源として使う女の子の声、結月ゆかり(純)
  • そのボーカルトラックを作成するための専用エディターがボーカロイド4エディター

ということになります。

 

というわけで、環境構築してみました。

 

まずはCubaseAIのインストール

 

ダウンロード

ネットからソフトをダウンロードします。

www.steinberg.net

f:id:bettychang:20160510120034p:plain

普通に日本語対応しててちょっと驚きです。日本シェア高いのかな。

 

ダウンロード場所がわからずしばらくうろうろしていました。。

f:id:bettychang:20160510125631j:plain

製品登録タブから「eLicenser/ソフトウェアを登録」ボタンに進めばよいみたいです。

 

 

f:id:bettychang:20160510125649j:plain

ここでパッケージ内の紙に記載のダウンロードアクセスコードを入力。

 

 

f:id:bettychang:20160510125721j:plain

ダウンロードボタンがでました。

なお、ここでCubaseAI自体のアクティベーションコードが表示されていますのであとで使います。私はダウンロードボタンに目がいってしまいスルーしてしまったため、あとで「あれ?アクティベーションコード教わってないな??」となってしまいました。

 

 

というわけで、ダウンロードです。回線のせいか、何回かダウンロードに失敗しましたが、無事落とせました。

 

インストール

インストール自体は特に問題なく終わりました。落としてきたインストーラを実行してポチポチ進むだけですね。

完了するとLaunchPad内にCubaseが出現しました。

f:id:bettychang:20160510122424p:plain

 

起動すると、アクティベーションしてねっていうポップアップがでますので、します。

f:id:bettychang:20160510122527p:plain

ここには、先ほどWebサイト上で表示されていたアクティベーションコードを入れます。

 

f:id:bettychang:20160510122658p:plain

操作方法は全くわかりませんが、無事起動しました。ちょっと画面がぼけている気がしないでもないですが、、こういうMacアプリ多いですよね。なんなんでしょう。

 

ボーカロイド4エディターをインストール

続いて、ボーカロイドエディターを入れます。

f:id:bettychang:20160510122904j:plain

DVDからのインストールです。

 

f:id:bettychang:20160510123057p:plain

 

こちらも特に引っかかるところはなく、セットアップにしたがってポチポチ進むだけでした。

 

f:id:bettychang:20160510123132p:plain

 

製品のアクティベーションはボーカロイドなんとかマネージャー(すみませんアイコン名が長くて見えない)から行うようです。

 

f:id:bettychang:20160510123230p:plain

 

f:id:bettychang:20160510123507p:plain

画面はすでにアクティベーション済になっていますが、実際は未状態で、下の#の箇所にパッケージ内記載のアクティベーションコードを入れる流れとなっています。

次にインストールする音源の結月ゆかりもアクティベーションの方法は同じです。

 

 

最後にボーカロイドをインストール

f:id:bettychang:20160510123710p:plain

かわいい。

これも特に問題なく、インストーラーを開いてポチポチ進めば終わります。

アクティベーションは先程のボーカロイドエディターと同じ方法で行います。

 

使ってみる

では早速Cubaseを起動してボーカロイド音源トラックを利用できるかみてみます。

 

f:id:bettychang:20160510124103p:plain

起動して空のプロジェクトを作成し、プロジェクトタブから、トラックを追加、インストゥルメントを選択

 

 

f:id:bettychang:20160510124237p:plain

ここで音源を選ぶみたいですね。

一番下にVOCALOID4というのがみえますので選択してみます。そして「トラックを追加」を押します。

 

f:id:bettychang:20160510123850p:plain

ピアノロール画面が起動しました。試しにピアノをクリックしてみると、女の子の声で「あ〜」と鳴りましたので多分これでOKでしょう(全然わかってないのですみません...)。

この画面がボーカロイドエディターの画面でしょうか。

なにせCubase自体つかったことがないのでよくわかりません。

 

なにはともあれ、これでセットアップは完了です!

 

今回はここまでです。ご覧頂きありがとうございました!